Calendar
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>

Profile
Comment
Realtime
Mobile
qrcode
Search
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - |
肩ごしの恋人
評価:
唯川 恵
マガジンハウス
¥ 1,470
(2001-09)
直木賞をとった恋愛小説です。
萌、るり子という正反対の幼馴染の恋?を描いていくのですが・・・

何か、「恋愛小説」じゃないと思います。うん。確かに色々な恋愛が描かれていて、それがメインなんだけど、その「恋愛」による「自分探し」??の小説じゃないかなぁと私は思ってます。
るり子は「鮫科」の、恋愛大好き・自分大好きな女で、
萌は自立してて、女であることに否定的で、頑固な女・・・。
結局、まともに恋愛してないんじゃないか!?というツッコミが飛びますが(笑)、それだからこそ、なんか…この二人らしいなぁ、と思います。
家出少年やゲイや既婚男性たちに振り回されつつ(いや、振り回してるのかな?笑)なんか・・・「自分を磨く」んですかね。
日本語へンですけど 笑。

でも、こういってみるとすごくドロドロなような気もしますが、そうじゃなくて、すごく「爽やか」なんですよね。本当に。
さらりと軽く書いてくるから、こっちもさらりと読めちゃう。

私はどっちタイプかな〜と考えてみたりもしたのですが、
私なんてまだまだ14だしね。そんな事考えても青いだけだっつーの。笑

でも、最後までめげずに、さらりと爽快に生きてた二人は、すごく読後感が良かったですね。
| 唯川恵 | comments(0) |
スポンサーサイト
| - | - |









<< NEW | TOP | OLD>>
Material by Night on the Planet
(C) 2019 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.